勉強方法について

保育士試験のための教材を選び、これで準備は万全!と思っていると足元をすくわれる可能性があります。それは、その教材を覚えることにこそ意味があるからです。「そんなの当たり前」と思う人もいるかもしれませんが、社会人になってから勉強を行うというのは非常に労力がかかります。また、独学で勉強を行うという人はさらにハードルが上がるということを覚えておきましょう。

では、具体的にどのように勉強するのが良いのでしょうか。まず、テキストを読み込み、重要語句を記憶していきましょう。ある程度読み込んだら、それを自分の頭で記憶しているのかチェックしましょう。それを何度も繰り返し、記憶に定着しにくいところをノートに書き出しておくのです。何度読んでも覚えられないということは、そこだけ記憶の定着が鈍いということなので、それを活性化させてあげる必要があります。

大体テキストには確認問題がありますので、その確認問題が覚えているかどうかの目安となります。テキスト全体を読み込むことが出来たと思ったら、次は過去問を解いていきましょう。試験の傾向として過去問に似ている問題が出題される傾向にあるため、過去問を何度も解き、見覚えのある問題は取りこぼさないようにしてください。